失業給付金のQ&A TOP  >  65歳以上での雇用保険

65歳以上での雇用保険

雇用保険は65歳以上の人は被保険者となれないのでしょうか?その時の雇用状況と、65歳以上の人の雇用保険についてご説明します。

雇用保険は65歳以上になると打ち切られる、外される、といった誤解をして不安に思っている方は実は結構いらっしゃるようです。

大丈夫です、実はそんなことはないのです。

高齢者雇用促進のため、満64歳(4月1日時点)である被保険者は、雇用保険の保険料が免除となるだけです。

これは被保険者だけのことではなく、事業主つまり会社も雇用保険料負担をしなくてよくなります。

ただし、これにはひとつ条件があり、65歳になる以前から雇用が継続していることが必要となります。

ですから、それより前から同じ会社で働き、以降も働き続けるのであれば雇用保険の保険料負担がなく、被保険者となるわけです。

保険料が免除になるために、特に被保険者側からの届出や手続きは必要なく、もし会社が65歳以上の社員から保険料をそのまま天引きしていたなら返金する必要があります。

残念なことに、もし65歳以上の方が、継続ではなく新規雇用されたケースには雇用保険に新規加入することはできないことになっています。

これでは新規雇用で労働する意欲がそがれてしまうのでは、という声が大きくなってきており、65歳以上の人の新規加入を認めてはどうか、という審議はされているようですが、まだ法律の改正には至っていません。